【初めての内見!どんな流れ?準備は必要?】
気になる部屋が見つかったら、次は内見を行って自分の目で物件を確かめます。
しかし、当日どのような流れで内見を行うのか、どんな準備が必要なのかわからない方も多いかと思います。
それらを解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。
【そもそも内見って必要?】
不動産会社(仲介業者)から貰う図面や写真を見て、ここに決めたい!と思ったり、何か違う・・・と思ったり、捉え方方は人それぞれですが、実際に自分の目で見てみるとより細かい事に気付くことができます。
決めたいと思っても気に入らない部分があったり、何か違うと思っても想像以上に理想に近かったりすることもあります。
内見では、自分が住みたいお部屋の条件を明確にしておくと迷いは少なく決断できます。
【何を準備したら良いのか?】
トモダチカカクでは、内見後気に入った物件があれば後日申込準備を行うため、印鑑や身分証明書は不要です。
ですので、用意するとすればメジャーがあれば便利です。家にある家具の寸法を予め図り、新しい物件に移した場合の想像ができるため安心です。
【トモダチカカクの内見当日の流れ】
①気になる物件を1~5件に絞る
②内見の日時・待ち合わせ場所を決める
③実際に物件を訪れ、内見を行う
④帰宅し、申込を行う場合は担当者から申込手続きに関する連絡を待つ。物件が気に入らなかった場合は、引き続き他の物件をご提案して行きます。
当日の内見以外、全てオンラインで行うことができるのがトモダチカカクのメリットです。
不動産会社に足を運ぶことなく、自分の空いた時間に対応していただく事が出来るので忙しい方もスムーズにお部屋探しを行うことができます。
【内見前~内見時、聞いておくと良い事】
住んでみないと分からないことはたくさんあります。ですが、トモダチカカクはその不安を少しでも無くしたいと考えています。
契約してから後悔することないよう、どんなことでも遠慮なく聞いてくださいね。
★内見の時間帯は何時ごろが良い?
内見を午前中~お昼過ぎに行うと日当たりの確認が取れます。
★1件の内見にどれくらい時間かかる?
どれだけ細かくチェックするか、何件内見するかにもよりますが、大体30分程度と考えておくと他の内見もスムーズに行うことができます。
【まとめ】
内見では、そのお部屋に暮らしたときの自分が想像することが大切です。譲れない条件を持つことも大切ですが、複数の物件を内見する際は、その優先順位を決めておくと満足度の高い物件に出会うことが出来ると思います。
理想の部屋を見つけるために、ぜひ内見を有効に使ってください。